オフコメ 2003. 6
6月29日 (日)  

今日は久しぶりの完全休養日。
昨晩は帰宅して夕飯食べたらバタン・キューだったので
目覚めもよく9時に起床。
昼過ぎから2週間ぶりに家族3人で買い物に出かけました。
夕飯は自宅で焼肉。
久しぶりに3行社説も書けたよ
   ↑
こう書かないと、開かないでしょ(苦笑)!?


6月28日 (土)  

最近1週間が短くて仕方がない。
あっという間にまた土曜日だ。

土曜日を抜けると本当にほっとする。
日曜日は骨休みの日。家族と一緒にいられる日。

ただこの日が来るまでが長い。。
ついに今日は塾の用意する全コマ7つも授業をしてしまった。
準備をするため6時起床の出社が朝8時半、退社したのが22時過ぎ。
1コマ90分授業なので、アバウトでも630分は喋りっぱなし。
ぉぃぉぃ。。6時間って何だよ。。(汗)

最後の1コマは消耗戦。
先週お話した新人君がまったく復習をしていなかったので
試験前だというのに頭の中真っ白。試験に必須なノート作りの宿題も
手付かずの状態。
キレました。

キレるとは怒鳴ったり手をあげたりすることではなく
僕の場合、できるまで・やり終えるまで絶対に家に帰さない。
しこたま勉強してもらいました。

とはいえ、それは知識を乗せていくための作業ではなく
あくまでそのための準備作り。
週1回しか来ない彼と膝を詰め話し合い、
テスト1週間前の来週はほかに2回塾に来ると約束を取り授業終了。

俺をナメてるとひどい目に遭うからな
金もらわんでも勉強やっぞ、コラァ。。。


6月26日 (木)  週刊新潮7月3日号発売

先日取材を受けた週刊新潮が発売される。
そのことを知ったのが社内刷り広告を見てのことなのだが
サブタイを見て脂汗が出た。父親の顔写真がデカデカと載りその上には
「今だから語れる『自殺した芸能人』の深い闇
 錯乱して口走った『オレは毒を盛られた!』」
ショックでした。いてもたってもいられずキオスクで1冊購入。

微妙なニュアンスがあるので電話で父親についての取材を受けたことは
今まで1度もなかったのですが、締め切り期日が依頼のあったその日でと言われ
新潮社に対しては特別な思いを持っている僕は引き受けてしまいました。
編集担当者に何度も「家庭と家名を守るという父の意志は僕に受け継がれているので
僕はどう書かれてもいいが父のことはきれいに書いてやって下さい」と
お願いしたのに、信用した僕がお人よしだったか。。と悔やみました。

杞憂でした。
非常にうまく取材され、事実を書き、また僕に対しても
気を使って頂きました。
ありがたかったです。
7月2日までは発売されているので、気が向いたら
どこかで記事に目を通してみてください。


6月25日 (水)  また大変なことを引き受けちゃった。。

嫌と断れない、またこうしたほうがいいと思うと
すぐ手を挙げてしまう僕はいろいろ抱えてしまいます。
先日書いた辞書の特徴をまとめる仕事はほとんど手付かずの状態。
先週は1人の受験生からノートの作り方がいまひとつうまく行かないと言うので
ヒーヒー言って参考書5ページ分の僕だったらこうするというノートを
作ることに時間を費やし、土曜日までに生徒「サカナ君」が期末試験対策の文法を
自習してくるということとバーター取引で僕は新出の単語と熟語をまとめることに
なってしまいました。
それに加えて塾長から1つ大きな宿題が加わりまして。。
つーか自分で手を挙げてしまったのですが(苦笑)

効果絶大と最近マスコミでもかなり大きく取り上げられている
陰山英男先生の100マス計算ドリル。
うちの塾長もこれには痛く感銘受けたらしく
生徒にやらせてみたいと。
(分からない方はすみませんが検索してどういうものか調べてください)

確かにあれは素晴らしい計算ドリルだと思います。
数字を20個と足し算などの符号1つあれば簡単に100問の計算問題が
できますし、形が魔方陣のようなので生徒の食いつきもいいでしょう。

ただ僕は人さまの作ったものを、それで金稼がれている方法を
そのまま取り入れるという行為が何かプライドないような気がしまして
うちの塾のオリジナルの計算ドリルは作れないだろうかと
ポッと言ってしまったわけです。

言い出しっぺは責任を取らないとね。。

何かいい方法が見つかったら教えてねと言われ
取り掛からざるを得なくなりました。。時間ないのに(汗)

朝仕事から帰宅して睡眠時間削ってボーっと陰山ドリルを眺めること数日。
やっべ。。何もアイデアでない。。
結構いいドリルなんだと改めて思いました(苦笑)

ただ、これって足し算・引き算・掛け算は対応できるんですが
割り算はできないんですよね。
その隙間にヒントがあるような気がして
3日目にようやく手が動き始めました。

僕が考えた隙間とは以下のようなことです。

 1. 100問の計算問題をやるには結構時間がかかる。
 2. 縦の数字と横の数字から遠い右下の計算はやりにくい
 3. 計算の符号(xなど)が1つなので何をやるのか生徒によっては分からなくなる  
 4. マス目は正方形の集合体なので紙のスペースは省けるがひっ算する余白がない
 5. 2x6=12は出来ても、3つ以上の数字の計算、特に2x5+4x3=22のような
    カッコで括る必要のある複雑な計算にはこのドリルでは対応できない
 6. 割り算にも対応できるフォーマットを作りたい

何度も陰山式のドリルを自分でも解いてみて試行錯誤を繰り返し
結果、考え始めて1週間でようやくたたき台が出来上がりました。
陰山式と違ってかな~りデブで不恰好ですが。
具体的に言葉で表すと「数字①」「記号」「数字」「答え」が1セット横に。
最後の「答え」が次の「数字①」に。 これを4セット。 縦には15マス。

昨日週明けの初めての授業があったので塾長に持っていきました。
僕の思考経過を説明し、陰山式にない特徴とそれを上回ると期待できる点を
プレゼンした結果、小学校の低学年の生徒に実際やらせてみようという話になり
今週末僕は自分の手持ちの生徒に試してみようと思います。
ドキドキ。。。数学科の教師じゃないのにね。。

効果が認められれば1つのフォーマットとして採用されるのかなぁ
そううまくいってくれると嬉しいのですが。。

どんなフォーマットかここで具体的に図で表しません。
どなたかいい案がありましたらBBSのほうに書き込んでください。
いろいろ人の意見も参考にしたいので。


6月24日 (火)  

今日から配車のほうは新しい業務が始まりました。
通しの次に習うのが受け付けです。
お客さんからの依頼をきちんと受け、配車係に回す役目。
つまり無線配車すべての始まりの部分です。
これが。。すごく難しい。。
名前・台数・付け場所・時間・会社で用いる分類番号
こうしたものを聞き取りPCに打ち込む。
結構多くのことをおよそ50秒くらいの間でこなさなければいけない。

間違えないように、また操作が早く行くようにと
いろいろな資料をコピーし揃えておいたのですが
机上と実地とではやはりかなり違うのね。
マニュアルなんて使い物にならない。
元気一杯で車を通していた自分が、
今や迷って右往左往し、声は自信のなさから
低いわ小さいわ(笑)
スタッフに聞いたら、この段階が一番覚えることがあって
難しいのだそうです。
いやはやいやはや。

疲れも少し出てきています。
塾では特にイニシアチブを取って生徒を導かなければいけない教師
ですから弱音や疲れは見せないのですが、
生徒のやる気がイマイチだったりすると
どうも引きづられてしまうところがあります。
ネジ巻きなおさなきゃ。。

週刊新潮の取材を受けました。
今週号か来週号に載ると思います。


6月21日 (土)  

今週の土曜日も倒れこむような姿で帰宅しました。

配車のほうは相変らず電話がなりっぱなし。
金曜の夜はついに無線で誘導できる車が1台もなくなる時間帯すらありました。
塾のほうは朝の9時半から5コマの授業。
出勤したのが8時過ぎ、出られたのが夜の10時。
金曜日から土曜日にかけてはいつも徹夜で渡っているので
気が遠くなるようなスケジュールでした。

僕のいる塾は1コマ90分授業の個別指導を売りにしています。
なので生徒一人一人に合わせた準備が必要。
たとえ同じ教科書の同じ部分を教えたとしても
能力に応じて用意するものは違ってくるわけです。
準備にかける労力と時間という点だけを取れば
学校に勤める教師と比較にならないほど大変だと思います。

本日の手始めは小3の算数。
小学生用に60分というコースがあって、本来は60分教えればいいのですが
教え始めたら彼女が興に乗ってしまいまして
90分勉強したいというので30分「サービス延長」(ぇ
しゃーない。 やりたいという子供の意欲は潰せないもんね(苦笑)

もう1コマ小3。 こっちは国語と算数。
教えたことのない教科なので自分の不安を払拭するために
前回一生懸命準備していったことがよかったのか
子供に気に入られ「ご指名」。。
嬉しさもあり不安もあり複雑な心境。
門外漢、がんばります(笑)

ようやく英語。
期末試験が近づいたということで
この時期は扱う教科書がいつもの参考書ではなく学校の教科書になります。
僕が以前から固定して教えさせてもらっている中1の子は試験2週間前にして
既に8割がた自習しており、その準備のよさと危機感の持ちように
目を見張らされました。

ここまでは教えたことのある生徒。
今日は新たに2人の生徒が増えました。
その彼らのユニークなこと(笑)

1人は高1の生徒でした。
過去に教えた先生の申し渡しを見ると評価がバラバラ。。
勉強が出来ると言う人もいればまったく否定的な見方をする人もいる。
不安になって職員に彼の特徴を聞くと、なぜか間がある(笑)
ドキドキしながら教室に向かいましたよ。

その反応の理由が彼と言葉を交わしてすぐに分かりました。
非常に真っ直ぐな子でなんです。
ただ他の子にない特徴として
スラっと英語をなでた感じの教え方だとソッポ向いてしまうような
1点を掘り下げるタイプの生徒だったんです。
タレントの「サカナ君」みたいな感じといえばイメージ掴めるかな。。

興味をもった文法はよく頭に入っているんですよ、しかも深く。
一方、興味のない部分の勉強はまっさらでして。
辞書与えたら、授業そっちのけでどんどん読み始めちゃうの(笑)
ならばと、通り一遍の説明ではなくちょっとマニアックな古英語や中英語、OEDといった
直接試験に関係のない知識を加えて教えてみたら、受け入れてもらえたようです今回は。

こういう子が将来活躍するんだよね(微笑)

もう1人は中1の子でした。
過去に教えた先生方の申し渡し書には
「やる気が薄く」「宿題をやってこない」生徒と評してありました。

実際僕も始めの15分間は冷や汗をかきました。
これで90分どうやってもたせよう。。
頭の中はそればっか(笑)
こんなこと頭によぎったことは初めてでした。

でもお金を頂いているわけで責任ありますからね。
いろいろチェックしていったわけです。
すると面白いことに文法は一切間違えない(驚)。
しかも教科書の習った範囲の英文はスラスラと読める(驚驚)。

ところが!!

単語のスペルを『まっっったく』書けない(汗)
アルファベットをどう組み合わせたらそういう音になるのか
また、ローマ字の発音と英語の発音が混同してスペルに起こせない
(例えば「医者」は英語ではdoctor、しかしローマ字ではdokuta)
というのが問題だと分かりまして
ヒントを与えつ励まし見守りつづけたら90分で格段に単語が書けるようになりました。
来週チェックして定着していたら嬉しいなぁ。。(微笑)
やれば出来ると感じてくれたなら教師冥利に尽きます。


本当にいろいろな生徒がいて、僕は毎日鍛えられています(笑)


6月19日 (木)  

ここのところ無線業務の仕事がいきなり忙しくなりました。
夜の11時から2時くらいまで、先週にはなかった混みようで
人の声も通らないほどの慌しさ。
雨のせいだと言う人もいるのですが
僕は株価の好調さが表れた結果だと思っています。
9000円台に回復し、3日連続の高値更新。
このまま経済が安定してくれればいいのですが。


6月16日 (月)  

午後から本屋へ。
塾の生徒がなかなか辞書を使えこなせていない、
もしくは辞書を持っていないことに憂い
つい「どの辞書にどんな特色があるかこちらで教えたら
生徒の役に立つですかねぇ。。」なんて呟いてしまったがために
僕がまとめることになってしまいまして。。
本屋で立ち読みしてました。
ノートとペン持って3時間。。

まぁ、ずうずうしい(笑)

いいかげん立ち読みに酔ったので帰宅しました。

5冊ぐらいはざっとまとめることが出来たんですが
英和辞典って、平積みでも15くらいあるのでね。
また通わなくちゃ。

池袋のリブロとかには席も用意されていて座って本が読めるように
なっているので、塾に行くついでにまとめようと思います。

学生に参考になってくれるといいんだけどね(笑)


まとまったら、何かの参考になるかもしれないので
各英和辞典の特色をここにも書きますね。

-------------------------------

亜美のお腹がポンポコポン
10ヶ月とは思えない食欲です。
今日は大根の煮付けに水菜を1人前
豚の角煮を2かけに具沢山のうどん。
それで足りなくて僕の味噌汁に手を出し
具の大根をすべてたいらげ
デザートはプラム1個にチョコレートケーキ半分。

最近の彼女の好物はアボガドです(笑)

好き嫌いなく、特に野菜の好き嫌いがないことが
ありがたいです。


6月15日 (日)  ようやく休める。。

5日ぶりの更新です。
書きたくても忙しくて、みなさんのレスに答えるので精一杯でした。

今年の目標の一つが「今あるものを大切に、そして伸ばすこと」
しかし、この時期既に2つ失いました。
番組とかぶき。
この損失は口に出さなかったけれども結構僕の中では大きかったんです。
何か新しいものを見つけなくては。
何か自分が打ち込めるものを探さないと。
教職に再度チャレンジしたのも、こうした理由からです。

幸いそちらのほうはうまく回っておりまして
週に15コマほど教えることができ、教室で生徒と一緒に汗を流しています。

ただ、それだけでは満足できない部分もあります。
まったく新しい分野に手を出したいという気持ちも強くありました。

何が出来るだろうか。
いろいろ考えた末、先々週から新しい仕事に就きました。
それが都内大手のタクシー無線業務です。

なぜ?と思われる方も多いでしょう。
今の職場でも聞かれますもの(笑)
でも、僕は何かやってみたかったというか
社会と結びついていたかったということもありますし
覗いてみたい世界でもありましたし、
司会やレポーターとして自分に一番欠けている
伝えるべき情報を滑舌よくコンパクトに正確に伝える練習の
格好の場のように思えたのです。

履歴書を持って行くのは結構恥ずかしかったですよ(笑)
でも、何事もそこからやらないと始まらないし。
その会社も僕の言うことを丁寧に聞いて下さいまして
シフトも自由に組ませて頂いて
一緒に働いている面々もかな~り面白い今まで会ったことのないような人たちで
楽しいです。
俳優がいれば、ミュージシャンもいる。
主婦もいれば、大学卒業して職に就かずここで一生懸命やっている人もいる。
しかも彼らはバイトではあるけれども、責任持った仕事振りでして
後ろ姿や働きぶりを見ていると、自分の甘さすら感じてしまうほどで(苦笑)

いろいろな仕事があります。
大きくは3つに分かれるんですが
電話を受ける係り・車を探す係り・見つかった車をお客さんに通す仕事。
新人は最後に書いたお客さんに車を通す仕事から始めます。
それが結構大変でして・・・
時間帯によっては(夕方や終電あたり)ゴッタがえしてます(汗)

「大変お待たせしました。○○さんのお車、○○ビルの正面に2台でよろしかったでしょうか。
車番が○○と○○で、およそ10分でお迎えに参ります」

例えばたったこれだけのことなんですが
待っているお客さんの気持ちを考え、電話先の騒音(路上だったりカラオケやってたり)
を考え、まどろっこしくなく、相手を不快にさせずに情報をコンパクトに伝えることは
実際やってみると難しいです。

始めて10日になりますが、ようやく「殻つき」から解放されたくらいなものです(笑)

あまり運転をしない僕にとっては都内の地図に明るくなれたり
レポートで出てくる可能性が高いが覚えにくい建物の名前など
ソラで言えたりね。利点はあります。
たとえば

 「東京女子医科大学病院 東病棟救命救急センター」とか
 「第4合同庁舎 会計検査院」とか

結構死ねます。。
かんじゃいけないのが僕の仕事だからね(笑)
 
報告すればシフトは自由に組んでいいようなのですが
今は休むことが出来ないと僕は思っています。
なにせ新人だし(年はイッてますが(笑))、習いはじめは休むとすぐ抜けちゃうしね。
なので休んでないんですよ。
かぶきにいたときよりも忙しいくらい(汗)
3時間寝て塾に行って、終わって2時間後には無線センターにいる。
時間があればその合間にレッスンとゴルフを入れるみたいな感じで(苦笑)

しわ寄せは家庭にきているかな。
身重で亜美の世話をする妻。
亜美に会えるのも朝の数時間。
わがまま言わせてもらって、自分のやりたいことを
先にそれが何かいい形で生きるよう、やらせてもらってます。

週末はその仕事がないので、塾で3コマ(=6時間)終わると
ようやく心身ともに解放されます。
昨日の土曜日は塾が終わったらどこか遊びに行こうか♪などと
悪だくみしてたんですが、終わったら腰がガクガクしてました(笑)

今日はひさしぶりの家族水入らず。
3人で買い物にでかけ、亜美に初めて外の土を踏ませ
ブランコに乗せ、夕食は妻の18番のハンバーグで
亜美をお風呂に入れ、また明日から始まる週に向け英気を養い
皆が寝静まった夜中に更新しています。

明日からまた忙しいけど、がんばろーっと(笑)


6月10日 (火)  まさかの出来事 (汗)

「浮気ってやっぱ結婚したらいけないんだよねぇ」
と、いきなり妻。
「順調な夫婦生活してたら思いつきもしないし、第一そんな時間の余裕、俺にはないぞ」
と切り替えしたら
「ねぇ。。まきってだぁれ?」と聞かれてしまいました。
どうやら寝言で「まき」という名前を言ったらしいんです僕。

しかも2回も。。(爆)


僕が一番多く付き合った人の名前は「まきこ」なんですが
「まき」と呼んだ人は1人しかいません。
大学時代に付き合っていた初めて結婚を意識した彼女なんです。

うる覚えなんですが、どうもその日、なんか知らないけれども
その彼女が夢に出てきて、呟いてしまったんですねぇ。。(汗)

その彼女との付き合いについては妻には話をしていたので
僕が説明すると妻は分かってくれましたが
その後に一言「もう忘れちゃいなよ」

怒りもせず寂しそうな顔を見せることなく
その一言でその話題は終わりました。

僕は今の生活に不満はないし
当時の彼女に未練もないんですが
なんで口に出たんだろうね。。

妻に悪いことしちゃった。。


6月9日 (月)  

忙しくて更新が滞っています。
少し待っていてくださいね。

次回は放浪症候群調です。
みなさん予習として

『東京女子医科大学病院東病棟救命救急センター』と
『第4合同庁舎 会計検査院』を
早口で5回づつ唱えておいてください。。


6月3日 (火)  

ここのところがんばってフランス語の勉強をしています。
自分が培ったものを無下にするのはやはりもったいないと
毎日少しずつですが長文を読んだり文法をやりなおしたり。
なかなか会話のいい先生にあたらず、そこの部分は焦っています。
会話学校の無料体験を受講したりしてはいますが
どうも企業としての顔が日本人スタッフから見え隠れしているので
興ざめしてしまうのです。
サイトをまめに検索したり、フリー・ペーパーをまめに
チェックしないとね(笑)

それと最近は辞書を読んでいます。
辞書オタクではないんだけど、語学をやっていると
どうしても1つの単語を複数の辞書で調べるクセがありまして
英語の辞書だけでも、いったい何冊家にあるんだろう。。。(苦笑)
塾で教え始めたことで、また本屋通いが始まり
改訂された辞書を読むのが楽しみです。
どんどん分かりやすくなっているというか
各社格差をつけるために、いろいろな努力・工夫をこらしているのが
よくわかります。
CDとか付いてるんだよねぇ~(笑)

最近ネット・ゲームにはまりだした妻が
顔文字を使って話したいというので設定に一苦労。
僕もそんなにPCに詳しいわけではないので
SEの友達に電話で2時間近く指南を受け
ようやく設定できました(笑)


僕は使えないよ、キャラに合わないし。。。    ((( ̄へ ̄井) フンッ


前月 2003/6 翌月
SuMoTuWeThFrSa
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
過去記事閲覧
前月 前月の記事へ
- DiaryNote -